一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
伊達市 林 龍介さん
所属事業体 胆振西部森林組合
名前 林 龍介 さん
年齢 26歳
林業歴 3年
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

林業の仕事に抵抗は無く、楽しそうに思っていたところ、胆振西部森林組合が職員を募集していると聞いたので就職を決めました。しかし、林業が3Kの職場である等、よく理解せずに就職し、最初は仕事に慣れるまで苦労しましたが、現在では今の仕事について良かったと思っています。

Q.事業体では何を担当していますか?

現場では、造林・間伐など森林整備事業を担当しています。 内業は、主に補助金申請書類作成などをしていますが、意外と仕事量が多いです。


Q.林業の仕事を始める前と後の印象は違いましたか?

最初は、山を歩くことが辛くなかなか慣れませんでしたが、今では体力的にも慣れました。また、補助金申請書類の作成事務が思っていたよりも多かったです。

Q.林業の仕事の良いこと悪いことは?

良い:作業の段取りに頭と体を使うことが必要なので、作業の工程を考える楽しみがあり、体を使うことで健康的にもなれるところです。
悪い:山の作業現場内には危険な箇所が多くあり、傾斜がきつく滑りやすいところで転倒したこともあることから、常に安全確認を意識しながら作業しなければならないところです。

Q.今後どのような仕事をしていきたいですか?

森林所有者、森林組合、作業請負業者の3者が、お互いに折り合いがつくような仕事をしていきたいと思っています。

Q.林業の仕事を始めようとしている人に一言

どんな仕事も同じで、いいことも悪いこともあるので、まずは林業をやってみて、体で感じて欲しいです。

(C) Hokkaido Forest Maintenance