一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
滝上町 乙坂 拓也さん
所属事業体 江本木材産業株式会社
名前 乙坂 拓也 さん
年齢 30歳
林業歴 8年
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

林業の仕事を始める前はギター製造の仕事をしていましたが、給与が安く、結婚をするに当たり、他の仕事を探していました。ハローワークで、(妻と)お互い実家が近い場所にある江本木材の求人を見て応募しました。

Q.事業体では何を担当していますか?

20人ほどの人員がいる中で、集材係長として作業を行っています。

Q.林業の仕事をしていて感じること

仕事を始める前は特に林業に興味があったわけではなく、「林業=チェンソーで木を伐る仕事」と単純に思っていましたが、実際はイメージと違い機械化も進んでいる現場でした。当社では毎年2~3人を採用しています。自分が林業の仕事を始めた頃は、まだ「見て覚えろ」という教え方が残っていましたが、自分が教える立場になり、人を育てていくために「どのように教えたらいいか」を考えながら指導しています。

Q.林業の仕事の良いこと悪いことは?

良い:現場の機械化が進んで来ているところ
悪い:指導教育体制が不十分なため、技術が弱体化してきていること

Q.今後の目標を教えて下さい

若手の技術の向上を進めていきたいです。

Q.林業の仕事を始めようとしている人に一言

死と隣り合わせの危険な作業もある仕事なので、覚悟を持ってきてください。自分の働きにあった評価をしてもらえる職場です。

(C) Hokkaido Forest Maintenance