一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

事業体・雇用主向け情報

(北海道補助事業)
森林整備担い手確保・支援事業
【新規参入定着支援事業のご案内】
北海道においては、降雪地帯でもあり、年間を通した事業の確保が難しいことなどから、新規参入の定着が難しい環境条件にあります。
こうした背景から、年間を通した事業の確保に取り組み、新規参入者を通年雇用する林業事業主を対象に、奨励金を支給、支援する事業を実施します。

受給できる事業主の条件(すべてを満たす者)
  • 年間を通した事業の確保に取り組み、新規参入者を月給制、又は同等の給料体系により通年雇用していること。(同等の給料体系とは、支給対象期間内の月平均賃金支給日数が20日以上のもの。)
  • 労確法の基づく認定事業主であること。
  • 中退共または林退共等の被共済契約者等であること。
  • 労災保険等の適用事業主であること。
対象となる新規参入者の条件(すべてを満たす者)
  • 7月1日~翌年6月30日の間に新規採用された者。
  • 採用時の年齢が40歳未満であること。
  • 林業での就労経験がないこと。
  • 緑の雇用担い手対策事業による緑の研修生でないこと。
  • 支給対象期間中(注1)、林業に従事する日数が全就労日数の1/2以上であること。
    (注1)雇い入れ日から12月31日まで
  • 中退共又は林退共等の被共済者等であること。
受給できる額
新規参入者一人当たり年額
  • 1年目が30万円
  • 2年目が15万円
加入申請(7月1日~7月31日まで)
提出書類
  • 新規参入定着支援事業加入申請書(別記様式第1号)
  • 新規参入定着支援事業確保の取組計画書(別記様式第2号)
  • 履歴書
(C) Hokkaido Forest Maintenance