一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
苫小牧市 小野 陽輔さん
所属事業体 株式会社小玉
名前 小野 陽輔 さん
年齢 32歳
林業歴 1年
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

林業の仕事に就く前は本州で働いていましたが、出身地の札幌に戻ってきたのを機に、手に職を付けたくて林業就業支援講習を受けました。伐倒作業に興味を持ったのがきっかけでした。

Q.事業体では何を担当していますか?

仕事を始めてから、林業に関する一通りの作業を経験させてもらいましたが、今は主にチェーンソーワーク、フォワーダに乗っての運材などの造材作業を担当しています。

Q.林業を始める前と後の印象は違いましたか?

就職して以降はまったく運動をしていなかったため、体力的について行けるかどうか不安でしたが、2~3ヶ月ほど山で仕事をしていると自然と体力がついてやっていけそうだと思いました。技術はまだまだですが、体力的には追いついてきたと感じています。

Q.林業の仕事の良いこと悪いことは?

良い:伐採した量など、自分の仕事の成果が目に見えて分かるので、明日は今日よりも成果を出してやろうと思えること。
悪い:給料がもう少し・・・。

Q.今後どのような仕事をしてみたいですか?

自分の技術を磨いて、これは誰にも負けないという自信を付けたいと思います。また、今後は重機を使った作業道づくりや造材作業を担当してみたいです。

Q.林業の仕事を始めようとしている人に一言

現場仕事の経験が無い方でも雇用、研修制度が充実しているので、興味がある方はぜひ林業に。

(C) Hokkaido Forest Maintenance