一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
下川町 松田 聖司さん
所属事業体 下川町森林組合
名前 松田 聖司 さん
年齢 31歳
林業歴 7年
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

前職からの転職を考えているときに、雑誌で下川町森林組合のことを知り、ホームページを見て直接応募しました。前職ではデスクワークをしていましたが、体を動かす仕事の方が向いていると思い、林業に興味を持ちました。

Q.事業体では何を担当していますか?

造林作業と造材作業をそれぞれ半々程度の割合で行っています。

Q.林業を始める前と後の印象は違いましたか?

森林の調査などの環境系の仕事と思っていましたが、実際に始めて見ると直接山づくりに関わる仕事でした。

Q.林業の仕事の良いこと悪いことはなんですか?

良い点は、自然と関わることができ、朝早く始めて夕方には終わる仕事なので、健康的でストレスが少ないことです。悪い点は特にありません。

Q.今後どのような仕事をしてみたいですか?

造材をメインに、なんでもこなせるようになりたいです。また、機械化が進んでいるので、高性能林業機械にも乗っていきたいです。また、将来的には(製材や加工など)川下の仕事もやってみたいと思います。

Q.今の町に移り住んでの感想は?

3人の子どもがいるので、子育てにはよい環境で、住みやすいと思います。子どもが大きくなった後が、少し不安です。

Q.これから林業の仕事を始めようとしている人に一言

自然とのふれあいが魅力な仕事です。

(C) Hokkaido Forest Maintenance