一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
津別町 川嶋 祐哉 氏
所属事業体 国安産業株式会社
名前 川嶋 祐哉 さん
年齢 33歳
林業歴 2か月
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

前の業態は小売り・販売・接客等でした。雄大な自然の中でストレスなく働きたいと思い林業に興味を持ちました。林業就業支援講習を受講後この会社の面接を受け採用されました。

Q.事業体では何を担当してますか?

入社したばかりですが、今は枝打ち、枝払い、地拵え、除伐ですね。まだ一人前ではないので先輩の皆さんに教えてもらいながら毎日やってます。

Q.林業を始める前と後の印象は違いましたか?

当たり前ですが山の道はわかりづらく最初は方向が分からなくなったこともあります。体力は最近は大丈夫かなと思ってますが、最初の1週間くらいはきつく感じました。
これまであまり使わない筋肉を使うことになったからだと思います。

Q.林業の仕事の良いこと、悪いことは?

毎日朝5時に起きて、弁当をつくり会社に出かけてます。体を動かす仕事なので充実感があり晩御飯が本当に美味しいです。悪いことは特に感じませんね。

Q.今後どのような仕事をしてみたいですか?

春になって雪が融ければ、植付けや下刈作業です。
何もかも初めての経験なので早く一人前になるよう頑張りたいです。

Q.今の町に移り住んでの感想は?

札幌からこの町に移り住んできましたが、空気がきれいで全て快適です。人混みもなく大らかな雰囲気の町で会社の皆さんにも親切にしていただき居心地が良いです。

Q.林業の仕事を始めようとしている人に一言。

仕事は大変なこともあると思いますが、自然の中で働くのは楽しいと思います。
体を動かしてから自分で作った弁当を食べるのは格別です。

(C) Hokkaido Forest Maintenance