一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
苫小牧市 副支店長 大宮 健二 氏
所属事業体 株式会社イワクラ 林材事業部苫小牧支店
名前 副支店長 大宮 健二 さん
年齢 副支店長
林業歴 24年10か月
※インタビュー当時のものです。
Q.近年の採用状況は?

R1年度3人 H30年度1人

Q.人材育成や定着へ心掛けていることは?

何より楽しく、遣り甲斐をもって仕事してもらうよう心がけています。
そのために、地拵え、チェーンソー伐倒、林業機械等の仕事を練度に合わせて経験してもらい楽しさや達成感を感じてもらえるように考えています。

Q.ご自身の林業現場での経験は?

農高を卒業後林材事業部の仕事です。8割近くが現場です。特に、チェーンソーでの伐倒は楽しく、爽快です。ただ、事故だけは起きない、起こさないように緊張感をもって現場に向かってます。

Q.緑の雇用事業等の行政支援の活用状況は?

要件に適合する人は極力緑の雇用事業に参加させています。3年で色々な資格や経験を積み、視野も広がるので良い研修だと思います。

Q.この町に移り住んでの感想は?

出身が十勝ですので、夏の霧に最初の頃驚きました。でも、何をするにも便利で、海や山も近くにあり雪も少なく、海産物も美味しいしとっても住みやすい町だと思います。

Q.林業を仕事にしたいと考えている方々に一言。

林業の仕事は楽しいです。経験を積むと、頭を使い考えることが多くなっていきます。
安全の確保や効率性などを考えて改善していくことが求められます。チーム全員でやり遂げた時の達成感と楽しさを是非一緒に味わいましょう。

(C) Hokkaido Forest Maintenance