一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
厚岸町 佐々木 康佑 氏
所属事業体 厚岸町森林組合
名前 佐々木 康佑 さん
年齢 26歳
林業歴 9か月
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

地元厚岸町の高校を卒業し水産加工の仕事をしていた頃から、森林に興味があり就業したいと思ってました。
希望通り今春から森林組合に採用になり、すぐ森林整備基礎講習を受講しました。4日間で全てが初めてのことばかりでしたが今とても役にたっています。

Q.事業体では何を担当してますか?

春から植え付け、下刈り、除伐等の作業を経験し、今の時期は間伐作業です。

Q.林業を始める前と後の印象は違いましたか?

最初のイメージと違ったのは、簡単そうにみえた作業が実は一つ一つに理由があってそれを理解する必要があると思いました。奥がかなり深いと感じています。
まだまだ勉強中です。

Q.林業の仕事の良いこと、悪いことは?

自然のなかで、チェンソーを使って作業するのは楽しいし充実感があります。
ただ油断すると危険ですので、緊張感をもってやっています。

Q.今後どのような仕事をしてみたいですか?

将来、高性能林業機械が導入されたら操作してみたい。でも今は毎日先輩に教えられたことを必死にやるので精一杯です。

Q.林業の仕事を始めようとしている人に一言。

道内でも比較的涼しい夏の厚岸町ですが下刈は大変でした。でもやり遂げたという満足感がありました。やりがいのある仕事ですので、ぜひ一緒にやりましょう。まずはやってみることだと思います。

(C) Hokkaido Forest Maintenance