一般社団法人 北海道造林協会 北海道森林整備担い手支援センター

森の担い手インタビュー

森の担い手インタビュー
当麻町 根岸 和輝 氏
所属事業体 当麻町森林組合
名前 根岸 和輝 さん
年齢 20歳
林業歴 2年10ケ月
※インタビュー当時のものです。
Q.林業に就いたきっかけは何でしたか?

農高森林科学科に在学中からインターンシップや林業就業支援講習の施設見学等でいろいろなことを体験させてもらいました。この組合は先輩もいたので自然に安心して就職できました。

Q.事業体では何を担当してますか?

森林整備課所属なので、春から夏にかけて植栽、下刈、秋からは除伐、間伐が主体になります。
今年は3年目になったのでフォワーダやグラップルの林業機械も少しづつ経験させてもらってます。

Q.林業を始める前と後の印象は違いましたか?

高校でも作業の安全確保については授業で教わっていましたが、実際現場に入ると緊張感があります。間違った作業は危険だということを痛感してます。

Q.林業の仕事の良いこと、悪いことは?

デスクワークよりは体を動かす仕事を希望していたので、現場の作業は楽しいです。
また、仕事がキツイと感じる時もありますが自分でやったことが確認できるので植付けや下刈作業後の達成感は格別です。

Q.今後どのような仕事をしてみたいですか?

もう少し経験を積んでから高性能林業機械のグラップル、フォワーダ特にハーベスタを操作できるようになりたいです。

Q.林業の仕事を始めようとしている人に一言。

林業の現場は体を動かす仕事です。自然の中で仕事するのは大変気持ちが良いです。
また、仕事が終わった後の達成感は何とも言えません。もしやりたい気持ちがあるなら是非一緒にやりましょう。

(C) Hokkaido Forest Maintenance